木

二之宮クリニック

形成外科

眼瞼下垂症(加齢やコンタクトレンズによる)

眼瞼挙筋というまぶたを挙上する筋肉・腱膜の障害により生じます。

眼瞼挙筋腱膜のずれ(後退)により生じるため腱膜性眼瞼下垂と言われています。

  • 原 因
  • (1)コンタクトレンズの長期装用により生じることもあるために、
       コンタクトレンズ性眼瞼下垂とも言われています。
  • (2)加齢に伴うもの
  • (3)幼少時より先天的に生じている場合もあります。

まぶたを上げるために、眉毛を吊り上げて常に額にシワをよせて力が入り緊張した状態が続くため、頭痛・肩こり等の不定愁訴の原因となっていることもあります。
以下のような症状があります。すべての症状がみられるわけではありません。

  • ・まぶたが開けづらい。まぶた(目)がすぐ疲れる。
  • ・まぶたを開けるために眉毛をあげる。目と眉毛の間隔が広い。
  • ・額にしわがよる。
  • ・額~頭が重たい感じがする。
  • ・頭痛、首~肩のこりがある。常に後頭部~首~肩が張った状態。
  • ・逆さまつ毛。まつ毛が下を向いている。
  • ・二重のラインが乱れてきた。二重の幅が広くなった。三重になってきた。
  • ・目の上が落ち窪んできた。
当院で行っている手術方法は、眼瞼挙筋腱膜の形成術(眼瞼挙筋腱膜前転法)です。

局所麻酔下で行います。
手術時間は両側で約1時間半~2時間程度です。
瞼板からはずれて後退している挙筋腱膜を引っ張り出して(前転)瞼板へ縫合固定することにより、解剖学的に正常な状態に戻します。
まぶたの皮膚がたるんで余っている場合は、同時に皮膚を切除します。
二重のラインを整え、目の上の落ち窪みも改善します。

術後の経過・通院等について

術後に、個人差はありますが、まぶたの腫れや皮下出血斑(紫色)が生じます。
腫れは、最初の1週間で大体(8~9割)おさまりますが、完全に引くには数週間程度かかります。皮下出血斑がおさまるには、約7~10日間かかります。術直後には上まぶたにガーゼが当たります。これは翌日はずします。翌日から洗顔・洗髪可能です。

術後約1週間はサングラス等で、腫れや出血斑を隠すことをおすすめしています。
術後の通院は、翌日と1週間後(抜糸)です。
その後数週間後に経過観察を行います。

実際の症例

保険診療による眼瞼下垂症手術費用(3割自己負担額)の目安
初診料 + 血液検査料
約¥2,000
手術料 + 薬剤料等
約¥24,000(片眼)