木

二之宮クリニック

形成外科

形成外科について

医学の進歩に伴い専門性の高い診療科目ができてきましたが、その一つが形成外科です。

整形外科と混同されることがありますが、整形外科は骨や関節や筋肉などのケガと病気を扱う科です。一方、形成外科はかたちをきれいに元にもどす(再建する)ことを行う科です。再建外科と表現する場合もあります。対象として顔面が主ですが、頭から体幹(胸・おなか・背中)や手足先まで体全身の体表面の外傷、変形、奇形、腫瘍(できもの)を診ます。 具体的には次に示すような病気やケガが対象です。

切りキズ、すりキズ、キズあと、顔の骨折、やけどetc...

ケガのキズあとができるだけ残らないよう目立たないように処置、縫合をします。
出来てしまったキズあとを目立たないように修正するのも形成外科が専門です。
さらに、治りにくい皮膚潰瘍や褥瘡(床ずれ)の治療も行います。

生まれつきの体表部分の形態の異常に対処します

副耳や立ち耳などの耳介の変形・奇形、顔面や手指の変形・奇形、でべそなどのお臍の変形などを治療します。

皮膚や皮下の腫瘍(できもの)の切除・摘出するのに、その手術瘢痕(キズあと)が最小限となるようにします

また、切除手術後に生じた変形や欠損の改善も行います。
皮膚移植や組織移植を行う場合もあります。

眼瞼下垂、逆さまつげ、陥入爪(巻き爪も含む)などの治療・手術をします

外傷、腫瘍、先天奇形、変形等で更に専門的治療や全身麻酔、
入院などを要する場合には、形成外科の関連施設をご紹介いたします。